MJ4サイト

只今、プレゼント企画中!詳細は↓へ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そのはち 振込み率を落とす具体的な方法



振込みを落とす具体的な方法を書いていきたいと思います

リーチには降りる(ベタオリする)

回す、とかそういう技術は無視していい。
(少なくとも振込み率が15%を切らないレベルでは必要ない)


相手に聴牌が入った後で、自分が安全牌を切りつつ
結果聴牌して相手より先に上がれる
と言うケースは多くは無い。


とりあえずリーチにベタオリできる技術を磨く事。

安全牌が無いからと言って無理な状態から突っ張らない。

相手に聴牌が入ってない可能性が高い時は
上がれる可能性を最も高くして

相手に聴牌が入って居る可能性が高い時は
振り込む可能性を最も低くする

これが効率が良い。


つまり序盤で安全牌を持つ事や
終盤で危険牌を切り出す事は非効率といえる。


対リーチにノーテンから危険牌を切らない
リーチを受けて2シャンテン以下ならほぼベタオリすればいい

そこから突っ張っても、上がり率は上がらず、振込み率が上がるだけだ


ベタオリする場合は、当然だが振り込む可能性が低い順番に切る

バラバラの状態で振り込む事だけは避けなければならない



振り込む可能性が低い順を示す。(これにしたがって切れば良い)


現物(絶対通る)

マンズの1.9
(単騎待ちに使われがちではあるが、やはりリャンメンに当たらない、一色には当たらないのは強い)

筋牌1.9
(4が切ってある場合の1や、6が切ってある場合の9)

オタカゼ
(三人打ちは一色が多い為、当たったら痛い場合も。
逆に相手のステハイが一色っぽくなければ、振ってもそんなには高くない)

中筋の456

(2.8が切ってある5や1.7が切ってある4など
その色の赤が見えている場合は4.6の中筋は若干危険度が下がる
)


ヤクハイ
(面子手に当たらないのは強い)


筋の2.8
(5が切ってある場合の2と8)

筋の3.7
(6が切ってある場合の3や4が切ってある場合の7)


(振り込んだ場合高打点は免れないが、さほど当たらない)



筋や字牌の場合は、持っている枚数(場に出ている枚数)が多ければ多いほど安全度は上がる。

例えば筋牌1と9の危険度は同じだが
1を2枚、9を1枚持っている場合は絶対に1から切る様にする

ベタオリ時のミス=失点に繋がるので
ミスは極力減らすべきである

現物を切る場合は

完全安全牌を後に残す。場に高い色を優先して切る
(追っかけリーチがきた場合に凌げるから)

例えば現物5ソウのアンコと西のアンコなら、5ソウのアンコを先に落とす

もう一人がリーチした場合、5ソウは危険牌になるが
西は全体の安全牌であるから。






スポンサーサイト
  1. 2007/07/28(土) 00:30:48|
  2. MJ3三人打ち戦術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<そのきゅう 無意味なダマテンをやめる | ホーム | 東風リーグ>>

コメント

俺の場合、ベタオリはサンマのほうがやりやすいイメージはありますねー

<まぁ、相手が少ないんだから当然かなw

サンマは捨て牌に一色狙いとか国士狙いとか出やすいっていうのもあるし、捨て牌が普通なら1mや9mは比較的、通しやすいですから

ただ、1mや9mも初牌だと字牌並に切りにくいって思うコトは多々ありますw

サンマは牌の種類が少ないせーか、初牌の字牌や1・9牌はよく当たる感じします(´・ω・‘)
  1. 2007/08/03(金) 05:38:19 |
  2. URL |
  3. みれ~ぬ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mj3s.blog114.fc2.com/tb.php/18-df8de65f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

VIP最強雀士

Author:VIP最強雀士
MJ3 第三期三人打ち王座
スコアは六日で
+2261P(678300G)
(バグで6日開催だった)

2008年7月半荘プロリーグ認定雀士







アクセス解析




最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。